スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校での英語教育に反対する友人

私の母の容態がよくないので、また日本に里帰りしてきました。実家の近くで大学時代の友人に会ったのですが、彼女は、小学校の英語教育に大反対なのです。慶応の教授と大阪のオバサン達の対決を思いだしてしまいました。

彼女も、日本語がしっかりと出来ていないうちに,「「英語?必要ないわよ」と断言しています。

でも,言語の引き出しは、日本語と他の言語との両方あって、日本語は、これ、英語(中国語でも、スペイン語でもよし)は、これと引き出しが違っているようです。

これからのグローバル化する社会にどう挑むのでしょうね。「リーパーさん、グローバル、グローバルって,’言うけどさ、グローバルッてなによ、それ」などと言われると、返す言葉もないよ、私は。

でもね、言語に関心がないなら、科学の世界に、足をつっこんでね。生産の世界でも、アメリカ、日本は遅れを取っていますのでね。manufacturingですよ~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

必要ない人には必要ないのかもしれません

大変失礼な言い方ですが、すみ子先生の大学時代のお友達ということは、今は最前線でお仕事をされてるわけではないと推測します。

自分の生きてこられた時代で、関わった世界で家後はそれほど必要ではなかったか必要だったとしても、少し勉強すればなんとかなるといったぐらいの英語で事足りたのかもしれません。

日本はモノづくりの国だと思ってたんですが、世界と戦うと後れをとってしまってるようですね。

メーカーに勤める方がが、「英語は普通に必要だ」というおっしゃっていました。
物を作る時に国内だけでなんとかなるならいいんだけど、
そうはいかなくなった。材料、部品、いろいろな国から取り寄せるわけで、交渉の部署もあるにはあるが、問題が起こると現場(交渉の部分では技術的なことが分からないから)と直接話さないといけないことも増えてきた。もっと英語をやっておけばよかったと思います。と。

いろいろな分野で同じように思ってる方は多いのではないかと思います。

受験を乗り切るための英語では、あまり役に立たないことはもう分かっているのですが、日本の英語教育は相変わらずです。

だから、小学校から英語を!!というのではないのですが、
「たくさん聞いておく」「音やリズムに慣れておく」というだけでも、
やることには意味があるように思います。

どうでしょうか?



プロフィール

アメリカのおばちゃま

Author:アメリカのおばちゃま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。