スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年生のクラスで絵本を使って「書き方」練習

こちらの学校はもう、夏休みに入りました!夏休みに入る前に2年生のミス ブラブソンのクラスに行き、ご一緒におなじみの絵本、If You Give a Mouse a Cookie(Laura Joffe Numeroffe作)を使って、「書き方」の練習、作文の時間を設けてみました。

If You Give a Mouse a Cookieは、ごぞんじの通り、グルグルッとまわって、結末は、なんだもとにもどってしまうというお話です。Circular storyと呼んでいます。「難しくないかしら?」という懸念は、すぐすっとんでしまいました。このお話しがおなじみであったからかも知れません。生徒の一人の発展の仕方を「サンプル」としてご報告しますね。

犬に骨をあげた→犬は水を欲しがった→犬は散歩に行きたいとせがんだ→公園に行った→他の犬と思い切り遊んだ→のどが乾いたので、水をほしがった→水を飲んだら骨で遊ぶことを思いだした→chances are...もとにもどってくるという訳です。

こんな調子で楽しそうに書いてくれました! コンセプトはわかってくれたようでした。イラストがよかったですよ~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まるママさま

それは、幼稚園の段階だと思うのですよ。2年生になるとインベンテイブ スペリングから逸脱していきます。3年生の英語力があれば、簡単な事務的な仕事につけるんではないかしらねえ。アメリカ社会で、です。電話の受け答え、ちょっとした、読み書き、。。。など。

イラストですか?

2年生のクラスでの作文ということですね。結構複雑な分野いろいろな語彙を知ってないと出来ないかなぁと思ってしまいますが、みんな楽しんだんですね。すごいです。If you give a・・・シリーズは、よく知ってるお話だったというのもポイントなのかなと考えます。

すらすらと文字をかけない子の場合、イラストでお話をつなぎ、boneとかparkと、かける語だけ書いたりするということですか?
そういう感じならうちの子どもたちにも出来そうです。


試してみますね、、。
プロフィール

アメリカのおばちゃま

Author:アメリカのおばちゃま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。