スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

prior knowlege

「アメリカからの生レポート」の記事でも触れていましたが、

多聴多読マガジン 2010年 04月号 [雑誌]多聴多読マガジン 2010年 04月号 [雑誌]
(2010/03/06)
不明

商品詳細を見る


本を読む前に、本に関連する話をしたり、質問をしたりして生徒(子供たち)の生活体験(すでに持ってる知識や経験)と結びつけることで、リーディングの理解が深まるという効果があるようですね。

今回のレポートでは、本(記事)のタイトルを先に読んでいますが、
どんな本を読むか特に知らせないで、いきなり特定の話題で子どもたちに意見を言わせる、たとえば「お母さんに怒られたことある?」「どんな時に怒られる?」などいろいろ意見を出させた後に、、さて今日のお話は、、と初めて絵本を見せる場合もあると聞きました。それはそれで意味があり、

ノンフクションで「○○について」とはっきりタイトルで内容がわかるようなものは、
まず、読もうとする本を見せ、タイトルや主な単語を先に知らせておく方がいいのかもしれませんね。

読む作品を見せる(提示する)タイミングは、指導者の好みや気分で変えてもいいのでしょうか?

また、英語がまだよくわからない子どもの場合、この作業(体験を話したり質問したりすること)を母語(日本語など)でした方がいいですか?
ニューメキシコ州のクラスでは、スペイン語の説明を入れる場合もあるのでしょうか?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

___________________________
扱う作品にはまったく触れず、「お気に入りのおもちゃ」「好きな食べ物」「ペット」「怖かったこと」など自由に話をさせてから、、さてと初めて関係する本のカバーを見せる。 ーーーこれが、まるママさんのご質問。
___________________________
これが普通かなと思いますが、『多聴多読マガジン』の記事の場合、あの先生は教科書を使っていました。教科書の1つの読み物である子ども向け『Time』誌を使っていたのです。『00ページを開けてください』と言ってそれから、タイトルのキャンプのこと、キャンプは、どこでするか、キャンプに行ったことがあるか、どこでキャンプをしたか、その経験談を語りあってから、リーディングに入っていきました。絵本の扱いと教科書の扱いは、少し違ってきますが、大切なのは、prior knowledge(プライオア ナレッジ)にふれておくことです。

もう1度プライオア ナレッジの説明をさせて頂きますね。

特に英語の絵本を読む場合、生活、体験、環境が違いますよね。「あなたには、こんな経験がありますか?」「あの国には、暖炉のある家が多いんですって、手入れが大変よね。見せかけだけかしら?薪を燃すのかしら?ガスストーブかしら?暖炉は別に贅沢な物ではないんですって?」などと日本には、めずらしそうなことを話あっていれば、読んでいる時に、子どもは、「なるほでね。家では、掘りごたつを使う、電気じゅうたんも使う」などと
自分の生活体験とくらべながら読むのではないでしょうか。リーディングの時に、いろいろなことを考えながら読んでいきます。

ややこしいこと言ってすみません

見せるタイミングというのは

カバーなども含めて「今日はこの本を読みますよ。」と対象になるものを見せてしまい、タイトルを読んでから、あれこれ語らせる場合と、

扱う作品にはまったく触れず、「お気に入りのおもちゃ」「好きな食べ物」「ペット」「怖かったこと」など自由に話をさせてから、、さてと初めて関係する本のカバーを見せる。

後者の場合は、タイトルが抽象的だったりしてで物語の内容が読みとりにくいような場合なのかなと考えたりしていました。
あまり深く考えて、こだわることでもないのかもしれません。

ちょっとしたつぶやきでした。

タイトルをいっしょに読みましょうというところから始めると、学習するという雰囲気がします。
イベントなどでは、単発で英語の分からない子どもたちを相手にする場合が多いので、どうしても後者、あれこれ読もうとする絵本の内容を予測させるようなことをしてから、絵本を読み始めます。読んでる間は日本語で訳すことはしません。
(楽しむことが目的のイベントが多いので)

プライオア ナレッジについて

まるママさま

ご質問の
...読む作品を見せる(提示する)タイミングは、指導者の好みや気分で変えてもいいのでしょうか?...
_________________________________________________
このご質問が本を見せる、つまり表紙(cover)のことを言っていらっしゃるなら、本の題名( title)などを見せることから、始ります。ご質問にちゃんと答えたかな~?

日本語を使うのか?

>スペイン語で授業をしている最中には、スペイン語のみでした。英語をいっさい使いません。英語の授業には、英語のみでした。完全なるバイリンガル教育をめざしていたのです。

理想としてはこれかなぁと思うのですが、

できない場合は、

母語を使ってイメージを膨らませる。
必要な英単語は予習して英語に慣れておく(チャンツでとか、カードや実物、ゲームなど)

など臨機応変に考えています。
普通の公立小学校の高学年では特に日本語の補助を入れる方がスムーズです。(低学年から英語活動をしていない学校)

また中学になる次男の場合、プライオア ノレッジは、日本語でやった方がいいように思います。
ちょっと試してみてまた報告します。

読んでる際にいちいち訳すことがなければよしとして、前後は母語を使うことは抵抗はありません。特に高学年以上は、細かいことは日本語で行ってやる方が、すとんと来やすいように思います。特にリトールドは日本語でさせることが多いです。

prior knowledge

まるママさま

素敵なブログを作成して下さってありがとうございます!プライオア ノレッジを英語でするとなると、お母様達にとってかなりの負担になると思うのですが、いかがでしょうか。でも、私の働いていた学校では、スペイン語で授業をしている最中には、スペイン語のみでした。英語をいっさい使いません。英語の授業には、英語のみでした。完全なるバイリンガル教育をめざしていたのです。それに近い形は必要とは、思いますが、日本では、無理かしらね。英語圏ではないのですものね。まるママさんのご意見はいかがですか?
プロフィール

アメリカのおばちゃま

Author:アメリカのおばちゃま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。