スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「思い」はつながる

すみ子先生に、先月の来日の際、とても素敵な出会いがあったようです。
それは、
素敵な出会い


あの外山節子先生。
すみ子先生が今連載をされている出版社の方が間を取り持ってくださったとのこと。

この日初めて会ったとは思えないほど話がはずんだと、聞いていました。


外山先生のブログでもその時の様子を記事にされていたのでご紹介します。
**********************

=同志=

昨日は津田塾大学オープンスクールの講座を終えてから、東京駅近くの和食やさんでリーパーすみ子先生と夕食をご一緒した。リーパー先生の「アメリカの小学校ではこうやって英語を教えている」は、子どもに英語を教えている人には必読 a must readである。
リーパー先生の「ライブラリアン奮闘記」に、絵本を使って英語を教える授業で、多重知能理論を活用していらっしゃることを知り、是非お会いしたいと思っていた。
実際にお会いして、意気投合してしまった。食事の間に、AirMacを開いて、私がどのようなワークショップをしているか見て頂いた。

絵本活用&多重知能理論の応用、この2つを実践している先輩に会って、ほんとうに幸せな夜だった。

「アメリカの小学校ではこうやって英語を教えている」
http://buzz.goo.ne.jp/item/cid/9/pcid/23634078/tab_flag/
******************************

(まるママのプチ解説)

多重知能理論というのは、「えほんで楽しむ英語の世界」のP106で少し触れている、ハワード・ガードナーのmultiple intelligences(総合知能)教育論のことです。


WEB上でのマルティプルインテリジェンスの解説の一つ(英文)


外山先生が多重知能についても触れている小学校英語に関する
英語教育インタビュー

なども参考になります。

***************

MI(多重知能理論)のことがわかれば、それぞれにあった効果的な学習スタイルがわかってくるようです。

外山先生とすみ子先生のコンビで何かを始めてくださるような予感も。
楽しみですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリカのおばちゃま

Author:アメリカのおばちゃま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。