スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8)ストーリーマップ(物語の図)など

一通りお話を読みとおしたら、簡単な図を使ってまとめます。
以下はすみ子先生の解説です。

************************

8)ストーリーマップ(物語の図)/リテリング(物語を自分の言葉で語らせる) をすることで、
物語を復習します。頭の中が整理され、読解力が深まります。以下のような質問をして下さい。

★この物語のタイトルはなんだった?(title)
★この物語はどこで起ったの?(setting)
★この物語にはどんな人が出てきた?(characters)
★なにが起ったかな?(events)
★それで、どうした? どんな方法で解決したかな?(solution)
★最後はハッピーエンドかな? それとも、がっかりしたり、悲しかったりで終わった? ★どうしたら、ハッピーエンドになったんだろう?(ending)
★作者が伝えたかったことはなんだろう? 作者はどうしてこの本を書いたのかな?(author’s message)

アメリカでは図(ビジュアルオーガナイザー)を使っているということをご参考までに載せておきます。視覚的に(ビジュアルに)物事を整理するために、算数でも、社会科でも、ビジュアル オーガナイザーをどんどん使います。ストーリー・マップは、視覚的に読んだ事を整理するので、論理的に考える力をつける1つの手です。

_________________
秋のワークショップでは、実際にお子さんを使ってこのステップをやってみます。どの程度理解しているか、絵で理解力を表現してもよし、キーワードだけを英語で書いてもよし、お子さんの英語力に合わせます!楽しみ。

*************************
(まるママより)

読む本すべてを、深く深く読んでいく必要もないのでしょうが、よく分かって、その本が好きになり何度も読みたくなったという報告もあります。

いきなりまとめなさい、要約をかけ!といわれると、途方に暮れてしまうけれど、読みながら何度も話し合ってきたことなのですらすら図を埋めていくことができるはずです。
図を使って、お話を思い出しながら説明すると、まとまりのある話し方の練習にもなりますね。

ピクチャーオガナイザーを、普通に使いこなせるようになりたいものです。

ピクチャーオガナイザー関連記事
**********************
さて、6月も後半、間もなく関西のWSの受け付けが始まります。7月1日からです。

WSのご案内はこちら

ご友人に、お仲間に、ブログで,ミクシーのコミュウなどで、告知のご協力も宜しくお願いします。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

どんどん読むことと、じっくり読むこと

、それぞれは反発しあうものではなくどちらもある意味大事、車の両輪のような感じなのかなぁと思っています。
rincoさんのところの坊やがどんどん文字を読んでしまうというのは、我が家ではうらやましく感じます。

映像モノは、ほとんど子供任せですが、読みの進まない我が家。
好きな本を自分から読もうとしている時は見守り、(うちの子の場合は見てるだけみたいですが)
これはと思うものを、母親が選んでいっしょに考えながら、読んでいく、
読んだ後にあれこれ話す

という風にやってみています。

子どもたちは、文字を読むのはあまり得意ではないようですが、絵の観察は結構細かいので、子供の話を聞くのは楽しいです。量を読めるといいのですが、欲張らず今は、本に馴染むことを目標にしています。

4歳になったばかりのまるちゃんは、読んだことあるお話を自分なりに説明するのが得意です。(リテリングっぽい、よく覚えている)、
英語の力が同じぐらいの2年生の息子と一緒に、登場人物<キャラクター>を言い当てたり、
間違いクイズをしたりすると真剣にこたえようとしています。

マップなどを使って、書くことにもつなげたいです。(2年生はRAZのプリントで少しずつチャレンジ中)



No title

さくらさんのコメントを読んでいて、あぁ!そういう感じなのかというのが具体的にわかりました。
ありがとうございます。

我が家の場合、ただ文字を拾って読んでしまってる感じが強くて、どうしたら物語の内容を文章からも読み取れるようになるんだろうって悩んでたんです。

文章の意味がわからないまま文字を読むことが進んでしまってる感じがして^^;

さくらさんのやり方とすみ子先生の図に示していくというのは、絵を書いたり文字を書いたりすることが好きな息子には調度いい方法だなっておもいました。
今読んでる絵本で試してみたいと思います。
ありがとうございます。

素朴でいい!

さくらさん

それでいいのです!そんなことから、子どもの論理性の土台が少しづつ育っていくのではないでしょうか。うれしいご報告をありがとうございました。


sumiko

No title

お久しぶりです、さくらです
ビジュアルオーガナイザー、やってみたいと思いつつまだ字がかけませんので挑戦してません
絵でもいいんですね
それなら4歳児でもできそうです

我が家ではよく読み聞かせの途中や終わってから「it ってなんのことだろう?」などと話します
お勉強の延長という感じではなく、そこから話題が広がることがあるからです
heってだれ?sheってだれ?そんなことも話します
子どもって意外とわかってるな~と思うこともあるし、え?それだけ?って思うこともあります
でも子どもの世界がのぞけたような気がしてとても楽しいですよね(笑)
プロフィール

アメリカのおばちゃま

Author:アメリカのおばちゃま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。