スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コロン(:)がうまく使えたらいいですね!

今日の私達ステキな「奥様英語勉強会」では、ローカル紙に出ていたscam(詐欺)についての記事を取り上げました。

記事のヘッドラインは、
Springtime scam uses iTunes gift card to bilk you out of money
—この春の詐欺は、 iTunesのギフト カードを使って、あなたをペテンにかけ、すっからかんにさせてしまいます(要注意)ー

この記事で,まず、私達の注意を引いたのは、コロン(:)の使い方。
記事の文は以下のようでした。
A new springtime scamming trend: Asking people to pay supposedly owed taxes or fees on an iTunes gift card.

そこで、奥様達は、頭をひねりました。コロンは、ピリオドで置き換えられると言われていますが、コロンを使うのは、

such as
for example


で置き換えられるかをまず、チェックするということです。

この文も、置き換えられるのでいいかな。でも、私達が使いこなすには、面倒な気もします。ピリオドで区切って書けば,問題はないのですから。

また、今日の単語には、
scam だます(動詞),詐欺(名詞)
bilk ペテンにかける,だまし取る(動詞)
fraud 詐欺(名詞)


などの物騒な単語がいろいろ登場しました。ついでに、swindle(だまして金をまきあげる)も、よく使われるので、このおっかない単語のリストに加えておこうという提案。

ちょっと注意をはらったのは、
 compromiseという単語です。普通は妥協するという意味なのにここでは,(不正に)アクセスするという意味で使われていました。
… that might have been compromised help you change your passwords or PINs. (...もし,不正アクセスがされた場合には、パスワードやピンナンバーを変更すること。。。。)
という調子。 妥協と不正アクセスが同じ意味なんて不思議ねえとステキ奥様達は語りあったものです。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

アメリカのおばちゃま

Author:アメリカのおばちゃま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。