スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューヨークのジャズ クラブにて

クラブの名はBirdland
息子に会いにニューヨークに行ってきました。 息子の帰りが, 遅くなる日、 夫に「ジャズ クラブに行こうよ」と言い、ググッてみると、歩いて10分くらいのところに、Birdland(バードランド)という, かなり有名なジャズ クラブがあるではありませんか!こんな近くに、結構、いいクラブがあったのねと、ちょっとびっくり。息子は、ジャズにあまり興味がないので、「チャンス!」とばかりに行ってみることにしました。ジャズって、若い人に受けない?

birdland



ビッグバンドでした
Birdlandというクラブの名前は、キャンサス シティで名を馳せていたサキソフォン プレイヤー、Charlie “Yardbird” Parker(チャーリー“ヤードバード”パーカー)からきています。まん中のニックネームである”Yardbird”のbirdを取ってランドをつけたのです。

IMG_1062.jpg

チャーリー・パーカーが育ったキャンサス シティは、禁酒法の時代(1920〜33)といえども、ギャングによる秘密酒場経営で栄え たところ。そんな環境のもとで、 ジャズは育ったのです。

ジャズ ピアノで有名な キャウント・ベーシー(Count Basie)もキャンサス シティ出身です。彼が率いたのは、ビッグ バンド。スイングなどのダンス ミュージックの演奏で、1940、50年代に一世を風靡しました。

私達が、クラブに行った日は金曜日で、”BBB”と呼ばれる”The Birdland Big Band”というビッグ バンド演奏の日でした。15名というジャズにしては、大人数によるバンド演奏。このクラブは、500人程の観客を収容します 。旅の疲れと飲み物で、夫も私もジャズの生演奏に、すっかりいい心地になってしまいました。サキソフォンは、アルト、テナー、バリトンの音域を3人が、かわるがわるに演奏。その他、トロンボーン、ピアノ、ドラム、トランペット奏者数人、クラリネット、チューバ、ギター、ベースにドラムなど。トロンボーン奏者の一人は、赤一点の女性でした。それぞれのミュージシャンが代わるがわりに 、improvising(ソロ演奏)するのです、圧巻でした。この演奏のディレクターはTommy Igoe,というドラム奏者。

この日のジャズは、キャウント・ベーシーのスタイルを受け継ぐ伝統的なビッグバンド スタイル。 日本のジャズ・ミュージシャン、秋吉敏子の最後のコンサートもここで開かれたそうです。

big band 2


約2時間、飲みながら、食べながら演奏を聞きます。カバー チャージが30ドル、プラス飲み物と食事代。私達は息子と食べる計画でしたので、飲み物のオーダーだけ。それでもよいのです。

big band


ビーポップそしてモダン ジャズに
このクラブの名前の由来の主である、チャーリー・パーカーは、ビッグ バンドから、卒業して、モダン ジャズを生み出した人です。黒人ミュージシャンによる、その場で創造されるImprovising、この場合は、ソロでも、特に即興演奏を強調したジャズ。これがbe pop(ビーポップ)のハシリです。

キャウント・ベーシー、チャーリー・パーカーの後に出てきたのが、マイルス・デイビス(Miles Davis),ジョン・コルトレーン(John Coltrane)などによるモダン ジャズ。 ちょっと複雑、難解なジャズ。私は、どちらかと言うとモダン ジャズを聞く機会の方が多いのですが、今日 ,聞いた40年、50年代のクラッシクなジャズも いいな、と思いました。

日本では、布施明のジャズ コンサートに行こうと思っていいます。彼のジャズは、どんなかしら?最近の低い声は、ジャズに合っているのではないかしら。こちらも楽しみ。

ジャズについて読んでいたらこんな単語に出会いました

be pop        モダンジャズの初期のスタイル。
prohibition age    禁酒(1920-33)時代
disdain        恥とする (ジャズを恥とする時代もあったとか)
improvise 即興で演奏する (モダン ジャズ)
       ソロ演奏(ビッグ バンド)
intricate       複雑な
undisputed popularity  異議のない人気
liquor license      アルコール販売を許可する許可書
hipster         ジャズ通、流行の先端をゆく人
icon           偶像
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

切符がうりきれませんように!

takiさん、友人に売りに出された日に買うようにくれぐれも
頼んであります。ディナーショーなのね。2部というか遅い時間の方が、いいかな?本格的なジャズというより、somethinh jazzy的だと聞きました。その方が彼の声に合っているでしょうね、ヨカヨカ、です。

BIRDLAND!

素敵ですね!バードランドといえば、マンハッタントランスファーの歌う同名曲が大好きです。ジャズでもヴォーカルが好み、彼らのコーラス、パワフルで、未だに現役。布施明と通ずるものを感じます。
コットンクラブのジャズ明は、確かにディナーショー状態かも。ゆったり飲みながら、はないですね。でもこじんまりしたスペースで、よい時間を過ごせる筈です!
プロフィール

アメリカのおばちゃま

Author:アメリカのおばちゃま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。