スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駆け足D.C.旅行

私達夫婦は、息子の住処の一つであるフロリダ州の
タンパ ベイでしばらく親子水入らずで過ごそうと
思っていたのですが、息子は突然ストックホルムまで
飛ばねばならず、「ごめんね」とか言って出て行って
しまいました。仕事だから、仕方がないか。 まあ、
それでも2日ほど、 湾を見下ろす23階にある
コンドミニアムでゆっくりできたので、よしよし。
私は、昔から、水辺にいると心がなごみます。
意地悪なわたしがゆったりとした、やさしい女に早変わり。

その後、夫がワシントンD.C.で、将来性のある
サイエンティストを選択、Ph.D.を得るまでの学費、
本代、そして少々の生活費も出すと言う科学省
スポンサーの仕事があり、私もD.C.までイソギンで
ついて行きました。

ワシントンD.C.は、ご存知のように、アメリカ合衆国の
首都です。アメリカには州が50あり、D.C.だけが特別区と
なっていて、連邦議会の直轄地。ややっこしいのは、
同じ名前のワシントン州が西部にもあることです。ワシントン
という呼び名は、初代大統領のジョージ ワシントンに由来し、
D.C.は、District of Columbia(コロンビア特別区)の略で、
一度準州となったものの、最終的には州にはならなかったとか。
Columbiaは、アメリカを発見したクリストファー コロンバス
からきているそうです。

D.C.には、私の長いアメリカ生活の間に数回きているのですが、
ニューヨークへ行く途中に寄るなどで、あまりゆっくりとした
ことがありません。美術館とか飛行機マニアの夫と一緒に、
国立航空宇宙博物館には数回行っているので、今回は、まず
国立アメリカ歴史博物館をゆっくり見回ることにしました。
これは、スミソニアン博物館はの一部ですが、スミソニアンは、
政府(我々の税金)と寄付金などで運営されているため、
入場料はタダ。それが嬉しいです。

歴史博物館に行く私に夫は、「初めてのエレクトリック ディジタル 
コンピューターは、ISU(Iowa State University-アイオワ州立大学)から、生まれたんだ 。コンピューターの歴史の一つとして、陳列されているから見逃すんではないよ」と言われ、
二人の母校の名誉とばかりにいさんでいったのですが、コンピュータのディスプレイはありませんでした。「一体、どういうこと?」

一方、料理家のジュリア チャイルドのキッチンの展示、人気のあった
テレビ番組などが放映されていて、夏休みに入った生徒達のための
ゲームも用意されています。それはそれでいいのですが、
「一体、どういうことなのよ」という私の疑問がつのります。
しかも、我が家の物置にしまってある、アメリカでの初めてのホーム
コンピュータと言われるコモドール コンピュータもない。
次々と変換していったコンピュータのディスプレイが、ない!

インフォメーションで聞くと、2006年に2年間閉鎖され、
いろいろな展示に変化があったとのこと。全体に子ども達が学べるように、教育に重きを置き、テロ事件を避けるために歴史的な15の星が、アメリカの栄光を誇るがごとき印象を与えるので、
現在の星50個の星条旗の展示に変えたなどという記事も目にしました。

しかも、その日のテレビのニュースによると、国立宇宙博物館が
しばらく 工事のために閉鎖されるとか。この航空と宇宙船関係
展示の博物館は、世界最大級とも言えます。閉鎖となると2年間
くらいは閉められてしまいます。ライト兄弟が最初に運転
した飛行機も展示されている博物館。ここに来る度に夫は、私に飛行機講義をしたものです。2年も閉鎖?ここもきっと、もっと
子ども向けになってしまうのだなあと思うと、それはそれで大切なので
しょうが、ちょっと残念な気もします。最近、かつてのNASAではなく、委託企業が宇宙にロケットを打ち上げたけれど、飛行中に爆発したというニュースがありました。なんとなくアメリカのサイエンスの行方を考えてしまいす。「これでいいの?」。。。

ケネディ大統領が宇宙飛行に力を入れていた頃、
「さあ、行こうではないか!」と呼びかけた、あの若々しいアメリカ
はどこへ行ってしまったの?私は、サイエンス音痴ですが、
若い優秀なサイエンティストがもっともっと育ってほしいなあ。。。
オバハンの痛感です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリカのおばちゃま

Author:アメリカのおばちゃま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。