スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

単語をおぼえることに専念

来る年はもっともっと積極的に単語をおぼえなくてはダメだなと
痛感しています。

私が働いていた小学校の生徒達は、新しい単語が出て来ると
まずその単語の意味を推測し、それから辞書で引く、意味
が分かったら絵で表現しておぼえる、次にその単語を使って
短文を書くという順序を踏まえて、単語にアタックしていたから
です。語彙をたくさん知っていれば、リーディングの理解も
深まりますよね。

私は、私なりにこんな風にしておぼえていこうかなと考えて
います。

まず、新聞なら、見出しと2、3のパラグラフを徹底的に読む
ようにします。そして、あいまいな単語、新しい単語は
語源を調べたり、おぼえにくい単語にはあだ名をつけたり、
子ども達が試みているように絵で表現してみるかな。
慣用句なら短文を作って練習です。この方法でうまく
いきますように。

我が家でとっているAlbuquerque Journal(11/17/14)
という新聞のhealth(健康)のページに次のような
見出しの記事が掲載されていました。

Reseacher sheds light on schizophrenia - これが見出しです。

この見出しを分析してみます。
*researcherは、リサーチャーでわかると思いますが、研究者です。

*shedは、木の葉が落ちる、動物の毛が抜けるという意味で私は
理解していました。しかし、「発散する、ヒントを与える」という意味
もあるそうです。

*shed light onのように慣用句として使われる場合には、(問題を
解くための)ヒントや光明を与えると意味もありとか。

*schizophreniaはカナではスキツォフレニアとなります。shizoは
分離という意味。日本語では「精神分裂症」と訳されていましたが、
偏見を招きやすいので、「総合失調症」という呼び名に変更
したそうです。

たった5文字で構成されている、この見出しから、こんなに多くのことを学べ
ました。訳してみますね。

  ー 研究者は、総合失調症の研究解決にひとつの光明
を見いだしたー

とでもなりましょうか。よくないわねえ。

  −スキツォフレニアの研究開発に光明がー
くらいがいいかしら。

その後、記事の2、3のパラグラフを1つか2つ、丁寧に読み、あとは
さらっと流し読みをしてもいいかなあ。

1月早々にでもまた、効果をお知らせしますね。どこを改善したら
よいなあとかを、です。

では、Have a great holiday season!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

語彙力

アメリカの小学生の学び方を、私も取り入れてみようと思います。

自分の語彙力の低さ〈なさ〉を痛感したところです。

2月8日楽しい会になるでしょうね。

その日は、息子のバスケットボールチームが駅伝に出るので、応援です。天気が良くなりますように。
プロフィール

アメリカのおばちゃま

Author:アメリカのおばちゃま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。