スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1冊にかける時間

まるママに寄せられた児童英語教師をされているKHさんからの疑問です。

****************************

3年前のWSではある先生の5日間のカリキュラムを見せていただきましたが、

じっくりゆっくり1冊を読んでいくというガイディッドリーディングでは、
1つの作品にだいたい何時間(何日)かけて、しっかり読めるように導くのでしょうか?

同じようなレベルで分けていてもどうしても個人差は出てきませんか?
一応の指導で目標に達せなかった子どもたちはどうサポートされてるのでしょう?

同じように指導しても子どもによってかなりの差が出てきます。
家庭でのサポートにも関係はあるのでしょうが、そればかりでもないようです。

また、読書指導の際に、絵本によっては
読み聞かせておしまいというような場合もありますか?そして普通に読書の時間もとってあるのですか?

お勤めになっていた小学校のお話で構いませんので教えてください。

*******************************
確か、どうしても読みの進まない子どもには特別な指導もされると聞いたような気もします。
すみ子先生が、イベントで読み聞かせに行かれることも。

指導はフレクシブルに考えればいいということだと理解していました。

すみ子先生教えてください。


アメリカの小学校では6名程度の同じレベルのグループに分けて読み書きを指導をするということはお伝えしたのですが、それが案外難しいというのです。


お教室で英語を教えている場合3-7名ほど同じような年齢でクラスを作ることが多いようです。
2年目以降になると、どうしても個人差が出てしまう。それが、悩みなのだそうです。

アメリカの小学校のように毎日関わることができない「週1回のお教室」の場合、レベルをそろえるというのは、より大変なのかもしれませんね。

お教室によるのでしょうか?おうちでの取り組みをどう促すか?その辺にポイントがありそうな気もします。

個人差への対応は皆さんはどうされていますか?





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ランニングレコード

すみ子先生、とても丁寧にありがとうございました。

ガイディッドリーディング以外にも、読んだり聞いたりする機会が持たれてるんですね。日本の国語教育と似ていますが、読みが苦手な子のサポートは日本より丁寧な気がします。
 >reading specialistの教室
というのは放課後でなく、普通の学習時間に30分呼ばれているということですよね。

KHさんは、コースブックを使われているので絵本は読み聞かせぐらいだとおっしゃっています。
絵本は読みっぱなしにしないでというすみ子先生のこと(絵本で楽しむのご存じなかったようです)をいろいろ伝えてみたらいろいろ疑問が出たようなのでブログのことも教えてコメントしてくれるように言ってみたのですが、慣れなくて書きこむのはちょっと難しいということでわたしがまとめてみました。
WSには、少し遠いですが参加してくださるかもしれません。

ランニングレコードのように気がついたことだけでもメモしてみるとのことです。

個人差についてr

khさんのご質問にお答えします。

1)1つの作品は大体1週間ほどの時間をかけます。1回につき、年齢にも寄りますが,低学年なら20~30分,高学年なら、1時間程です。

2)先生達は、個人差をランニング レコード(running record)といういろいろ検定すべき所を注意しながら、読ませます。たとえば、何をどのように、つっかえたか、SとZを間違えて読んだ、考えないで、イラストに頼って、読んだ、文字を視覚的に捕らえて、形から見て読んだ、などのチェック ポイントのリストがあります。ガイデッド リーデイングのご紹介の現在執筆中の本や、今回のwsでは、とてもそこまではご紹介できません。でも、友人の先生から我が校で使用している、ランニング レコードのポイント(注意事項)のリストをもらってきますので、それをwsの時にご紹介します。khさんは、大阪近辺の方でしょうか。wsは、大阪で行います。

3)それぞれの生徒の弱点をランニング レコードから、つかみそこに焦点をあてていきます。

4)1日に1度は、ガイデッド リーディングですが、授業に関連のある本、リラックスさせる本など、読み聞かせだけの時間も勿論あります。ランチ タイムの後など、ガヤガヤしている時など、読み機かせで落ち着かせるという先生もいます。

5)読書の時間というのは、一人読みの時間のことをお聞きですか。Free selectionの時間があり、教室のライブラリー セクションで、好みの本を読む時間はあります。

6)リーデイング レベルが極度に低い場合には、州ではなく、政府からの資金で雇用されているreading specialistの教室に毎日30分行きます。その生徒の弱点にピントを合わせて、丁寧な訓練を受けます。落ち着きがない、bとdを間違えるなど、問題点はいくつかのグループに分けられるようです。
khさんも、問題点のリストなどを作ってみたらいかがでしょうか。

ご質問に答えられたかしら。
プロフィール

アメリカのおばちゃま

Author:アメリカのおばちゃま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。