スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エッセイを書くにあたってのシーソス ステートメント(thesis statement)の重要性

最近、英語のエッセイの書きかたに注目が集まってきています。

エッセイとまではいかなくても、メールでもメモでも、
ビジネス レターでも、まず初めに「序」、
「イントロダクション」でこれから論じる
ことがなにであるかをはっきりと言うことがとても大切だと
思います。私はこれが、序、イントロダクションの使命
だと思います。

日本の場合、まず季節の挨拶などから始り、それは、季節
を感じさせ、叙情的でよいのですが、ビジネス英語では
言いたいことをまず頭に入れておいては、いかがで
しょうか。言いたいことをどかんと序、イントロダクションで言う、
これがシーソス ステイトメント(thesis statement)です。

私はあれも言いたい、これも言いたいと話があちこちに
飛んでしま悪いクセがあります。しかし、シーソス ステートメントを
はっきり頭にいれておけば、私の悪いクセも是正されます。

日本での手紙の書き方の習慣から、時候の挨拶を入れた方がよいと
思われるなら、時候の挨拶を即言いたいことにつなげてはどうでしょうか。

たとえば、ハロウイーンというテーマで書くとします。
「そろそろ秋も深まってきましたね。秋と言えば、我が家の
子ども達は、ハローウイーンに夢中です。」くらいから始り、
これをリードにします。そこから、なぜハローウイーンと
いう行事が盛んになってきたのでしょか、今日のテーマは、
「ハロウイーン」ですと持っていく、このようなプロセスです。

つまり、「私のいいたいことわね」とリードする、
「ここよ、これから論じていくのは」。。。、これをシーソス 
ステートメントと考えてよいでしょう。

そこから、第一パラグラフ、第二パラグラフ、第三パラグラフ
でハロウイーンという行事が盛んになってきたいろいろな
理由をそれぞれのパラグラフで列挙していきます。肉付けです。
そして、最後に結論でもう一度、シーソス ステートメントを
くり返して、しめくくります。

序文、イントロダクションの大切さって、案外おきざりに
されているんじゃないかなと考えている、おばさんの
「独り言」よ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリカのおばちゃま

Author:アメリカのおばちゃま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。