スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の子ども達と

昨年日本に帰ったときです。2才半の姪の娘っこに
Itsy Bitsy Spiderと指を使って歌ってみました。
じ〜と食い入るように見ていましたが、
2回目からは、自分でもクモがのぼっていくように
指をあげていきます。この子は私に
なついていない子なのですよ。Down came the rain
の箇所も雨がふるように腕を上から下にと動かしていきます。
ふ〜ん、英語のえの字も知らない子でも
まず、音の楽しさから,身体を動かす、そうして、
単語の1つ、2つをおぼえていくのねと感心、感心。

そして、今やおじさんっぽくなってきた私の息子を
プリスクールと呼ばれる三歳児の学校に見学に連れて
いった昔々、子ども達がゲジゲジジュと虫がのど
をひっかく動作を、皆で輪になって音遊びを
していたのを見ていた息子は、子ども達の音と動作の
遊びにすっかり心から惹かれて見とれて
いたことを思いだしました。

それから、です。先日アルバカーキに日本から赴任
していらした方の息子さんが、幼稚園生だというので、
Row Row Row a Boatやセッセッセ風の遊びを
試してみたら、これまた「わ〜」という顔を
しておばちゃんと一緒に遊んでくれました。
それからは、「おばちゃん」とずっと私のイソギンチャク。
そうか、子どもはリズムと動作の遊びがそんなに好きなのね。
マザーグースという伝承童謡の底力を思い知りました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

聞いて動く効果

フーミンさん、英語ボランティア、いいですねえ〜。そして、子ども達が聞いて
動く→興味を持たせる、私たちの解答が出てきつつありますね。まるママさんのお子さんがマザーグースに食いついてくる,フーミンさんのお嬢さんが「もっかい」とHumpty Dumptyをu-tubeで見たがる、ナンセンスでも韻を踏む楽しさが子ども達に「面白い!」と思わせるのでしょうね。日本のわらべ歌にも言えることですね。ふむふむ。フーミンママ、英語活動ボランティア頑張ってください。若い方達が頑張っているのを見るにつけ、聞くにつけ、嬉しくなります!

No title

先月から、保育園で英語活動ボランティアを始めました。

子どもたち、聞いて動くものですから、「話をあまりきかない子どもなのに、英語をきいて動く!!」

とママたちは驚いていらっしゃいますよ~。

私は好きなマザーグースは歌いますが、苦手なものは歌っていませんでした。
好きなものを歌いきかせるのが、いいと思いましたから。

でも!
you tubeでhumpty dumptyを娘がみると、もっかい!

と、いつまで見るの?!というくらい、何度もその動画をみているんです。

親の好みでなくても、子どもはくいつくんだ~と知りました^^

(よく、本では親が好きなものをってあるものですから。汗)

あと、子どもによっても、おもしろい!と、くいつく時期が違いますもんね。

私も昔は、ナンセンスで意味がわからないと感じていましたが、マザーグースは韻をふむ、ということをわかっていれば、意味が、なんて意識しなくていいんですよね。

そこがまさに、昔ながらの日本の英語教育ですね。

伝承童謡が難しいねえ〜

マザーグースを使わないと決めている英語の先生達の
ご意見は、意味が難しいという意見はよく聞きます。

でも、まるママさんと私はマザーグースが好き。
というのはまるママさんがおっしゃる通り、
曲が楽しいから、手遊びが面白い、ゲームも
楽しい、だから子ども達が食いついてくる、
ということなのでしょう。韻を踏む音が
面白さをかきたてているということもあるので
しょうね。

底力、あるよね〜!

伝承童謡の底力

あると思います。

フランチャイズの英語教材はオリジナル曲が多く、あまり伝承童謡を取り扱いません。

語彙が難しいという理由もあるようです。

でも、

難しくて意味がよくわかってなくても、楽しければ食いついてくるのが幼児。

6月、
雨の歌を歌ってるところなので、
Itsy Bitsy Spider

もやってみたいと思います。

プロフィール

アメリカのおばちゃま

Author:アメリカのおばちゃま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。