スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカでは、文法までなかなか手がまわらないようです

毎日新聞に載ったという以下のような
記事をネットで読みました。

_____________________________


文部科学省は、今春から完全実施される高校の新学習指導要領に
「英語の授業は英語で行うことを基本とする」という新ルールを
盛り込んだ。26日に検定結果が公表された英語教科書も、多くが
スピーチやディベートなど「コミュニケーション重視」を前面に出し、
日本語の記述を減らしている。だが、教員からは指導の不安や疑問の
声が聞かれ、実際には「文法重視」の従来型教科書の人気が高まる
という皮肉な現象も起きている。

 中学と高校で6年間も勉強してなぜ話せないのか−−。
危機感を強めた文科省は「英語」「オーラルコミュニケーション」
「リーディング」「ライティング」に分けていた科目を
「コミュニケーション英語」「英語表現」「英語会話」に再編。
英語を使うことを重視し、教科書作りも進められた。

______________________

私が中学、高校の頃、英語の授業で比較的わかりやすかったのは、
「文法」だったと思います。まあ、ある「型」があるからでしょうか。

それに比較して「リーディング」、「ライティング」は難しいと
感じていました。

「リーディング」は、読み込む力、なにを言っているのかを
つっこむ力がないといけません。かなり考えながら読まなければ
なりません。「ライティング」もテーマを決める、イントロダクション
を書く、それを具体的に説明していく、最後に言いたいことを
しぼって、結論などとパターンをマスターしないとだらだらと
なにを言いたいのかわかりません。

私が思いますのは、リーディングとライティングをきちんと
学んだ生徒は文法も出来るようになると思います。読む力が
ない、書く力がない生徒がコミュニケーションを重視すると
英語力に深みがなくなるのではないでしょうか。

実際、私が働いていた学校でも、リーディングを非常に丁寧に
教える、そしてそれを支えるためにライティングを教えると
いう土台作りの間に「文法」をはさんでいく方法を取っています。
ある教師は、こう語ってくれました。

「勿論、文法の時間も取りたいんだけど、
とにかく、まず、リーディング、それから、ライティング
でしょ、時間がないのよ、文法までは」という
のが、正直な意見のようでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

高1がいます。

ニュースを見て、高1の息子も、「オー」と反応していました。

英語の授業を英語で行うことは実現するでしょうか?

日本の英語教育の方向性が変わって来るよとずいぶん前から言われていて
長男長女のころからも高校では英語の授業を英語で行うという噂がありました。

でも、授業の内容を見てると
どこが変わったのかな?
と思えるような内容でした。30年前と教え方も課題も変わらなかったのです。リーディングも、長文を訳していく、長文内にある語句説明をする。単語帳や構文を暗記しなさい、小テストをします。といった感じでした。

そして今年度

高1の息子の時間割には 英語1英語2の代わりに
コミュニケーションとか英語表現というような名前が出てきました。

どんなことをするのか楽しみです。

また報告します。







プロフィール

アメリカのおばちゃま

Author:アメリカのおばちゃま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。