スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

couldとwouldの違いをちょっとしたためてみました

日本におけるワークショップでも感じたのですが、
wouldとcouldの使い分けは、似ているので、
ちょっと混乱することがありますね。

Dr.SeussのGreen Eggs and Hamでは、
Would you, could you eat green eggs and ham?

と繰り返しでてきます。で、なんとなく同じように
解釈してしまいます。

Would you eat green eggs and ham?
は、グリーン エッグスとハムを召し上がりますか?
という丁寧な言い方、

一方、
Could you eat green eggs and ham?
は、グリーン エッグスとハムを食べて頂けます?
とちょっと強い願望が出てくると思うのです。

私がライターとして働けたならという仮定法の場合
は、
If I could work as a writerになります。

それに続いて、教育レポーターになりたいなら、
I would be a educational reporterと
教育レポーターになりたいという仮定でwould
になるのです。

いかがでしょうか?

couldとwouldについての今日のつぶやきです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

食べさせておくね。は?

そうなんですね。 あまり考えずに言いやすいほうを使っていたように思います。
could とwouldの違いを意識しながら使ってみたいと思います。

話すときは、多少違っていてももう言ってしまったら仕方ないという感じですが、
スカイプやe-mailを書くときには、送る前に言いたいことが伝わるかしら?と一度読むようにしています。

作文ではありませんが、
メールなどで、これってどう伝わってる?と不安になるときがあります。

先日娘の友人がお泊り(sleep over)に来ていました。帰る日は、彼女のゴスペルの日で、お昼過ぎにお迎えが来ることになっていましたが、できるだけ長く遊びたいからと帰る時間を予定より伸ばし、お迎えした足で、練習に直行することになりました。

夜の7時から9時の活動らしくお迎えは、結局伸ばしに伸ばして6時半過ぎに。
我が家の夕食は普段7時から7時半ごろのスタート。
相手の方もそのことはご存知です。おなかがすいたまま9時過ぎまで活動するは大変です。そこで

大丈夫、早めに作っておいて、≪夕食は何か食べさせておくからね。≫
と、書こうとして、

・・・・・・・I'll have her eat something by then.というとこで、

haveでいいのかなぁ。と考えてしまいました。

よくレッスンプランで、
Have students read the words

と出てくるときのHaveだと少し命令っぽい感じがしたのです。

letでもないしmakeは絶対違う・・・
≪get her eaten≫?などと考えながらもそのまま送ってしまいました。

すみこ先生。どんな動詞を使うと、ぴったりだったと思われますか?

前置詞、助動詞、冠詞もですが、似たような意味の動詞も比べて、つぶやいてください。





そりゃ、couldね〜

ヒメにたべてくれる〜という時は、
couldですよね。念願をこめて、ね。

No title

おお~。私自身助動詞苦手ではありますが、以外と苦手な方もおおいところをつぶやかれましたね。

娘に食べてほしいのに、食べてもらえなくて
食べてほしいんだけど~
のニュアンスで言うならば
Could が使えそう?ですね。

時々娘に言いながら
あら?どれ使えばいいかしら・・・
と止まってしまうときがあるマミーです 汗
プロフィール

アメリカのおばちゃま

Author:アメリカのおばちゃま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。