スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピクチャーウオークについてのご質問にお答えします

リーディングの次のステップに進む前にまるママさんよりご質問がありましたので、お答えします。
(前回のコメントをクリックしてください)。

ピクチャーウオークをする場合、英語でするのですか?というご質問です。アメリカのESL(English as a Second Language, 英語を第2外国語として学ぶ生徒達のクラス)のクラスでは、英語を徹底的に仕込むために、ヒスパニックの生徒には、英語で説明をくり返します。どうしても、わからない時には、他の生徒にスペイン語で説明させることもあります。先生は英語でしか話しませんよという態度を崩しません。

しかし、です。日本の場合は、そう頑固に徹底することは無理でしょうね。英語嫌いの生徒を作りあげてしまうかもしれません。

日本語でわかりやすく説明する方がよいでしょう。

1度、大阪でのワークショップの折に生徒さん達を前に全部英語で試みたのですが、生徒達には、難しかったようです。今の日本の状況では、まず英語に親しませる、気持をそらさないように要点をしっかりおさえながら、英語と日本語で交互に説明するなどの工夫をなさるとよいのではないでしょうか?ご意見をお寄せください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

状況に応じて、英語か日本語かでの説明ということですね。
私も先生の著書をよんで、
まるママさんと同じ疑問を持ったので
ここで解決できました☆


我が家の姫には洋書絵本を読むときは
オールイングリッシュです
私のきいたことに、英単語だったり日本語だったり。
私のいうことが理解できているので、
姫の答える言語は、どちらでもOKですね♪

だんだんと英語のみに

関西のWSでやった時は

子どもたちは
ガイディッドリーディングの手順も知らない

オールイングリッシュの授業に慣れていない

初めて会う人との授業

みんなに見られている

学年が高い子どもで、間違いなどに敏感

ということが重なって、子供たちの反応があまり見られませんでした。

そのままの様子をみんなで感じようという企画でしたが、
もう少し事前に、子供たちの心の準備ができるようにしてあげたらよかったと思いました。

そして、あの時は
すみ子先生のグループでthe carrot seedをやるほうがよかったかなぁとも後で思いました。

スイミーはきっとなんとなくわかってはいたのだと思います。
小さな声で、すみ子先生の問いかけに言おうかなぁとしてるお子さんもいました。でも自信がないので、だまってしまうといったかんじでしたね。


私のグループでは、

子どもの年齢も低く
普段英語に触れてる時間も長いお子さんで、英語でレッスンを受けることに慣れていたので、すべてがわからなくても、反応してくれました。


しょうがっこ英語活動など
英語だけでの授業に慣れていない場合は、日本語も交えて、徐々に英語で問いかけるように変えていくといいのかなと思っています。



プロフィール

アメリカのおばちゃま

Author:アメリカのおばちゃま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。