スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

aとtheの違いって難しいですね~

Whitney Houstonの声に聞き惚れている今日この頃です。Too bad, she lost the life like that by drugsと言って、その後、a lifeかなと思い始めました。そうなのです、あのように麻薬で命を落とした方達というのは、彼女だけではありません。ですから、”a life”つまり、「1つの命」であって、特定にしぼる””theではない,ということでしょうか。

drugは、ついついdragと書いてしまいますね。あ~あ、英語の音も難しい。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おお!facebook

facebookで話し合いおもしろそうですね!
まだ使い勝手がよくわからずに
写真をのせたりブログ更新知らせたり
友達のにコメントする程度にしか
使っていません。


もっと使いこなせると楽しいかしら~?
英語でも発信できるかと思ったりもしましたが、
登録している友人の範囲だけ?
かと思うと 日本語・・・ かしら?
だと思ったり・・・です。


マークピーターセンのこの本は
読んでいて眠くなってきたのですが
(多分私の脳の理解レベルを超えた内容・・・
 でついていけず?!)
もう一冊の
「心にとどく英語」はとても読みやすく
これは知っておくべきじゃ!!
言葉って本当深いのね~
などと、好奇心をもって読み進められました。


映画カサブランカ・ローマの休日など
有名どころからの表現で
解説されています~

表現の奥にあるものを知っておいて
また観るのもいいものですね!!

マーク ペーターセン、買ってみよう!

フーミンさん、

いつもためになる情報をありがとうございます。そうかマーク ピーターセンねえ。日本のアマゾンからは、買えそうにもないので、ロスの紀伊国屋から、取り寄せてみよう。冠詞は、日本語にないだけに難しいですね。でも、まるママさんは、難しくないみたいなんだ。いいな~。こんな話題をわいわいがやがや、faeebookで話しあってもいいかも知れませんね。ある方には、難しい、いや、それほどでもない、その接点をみつけると、いいかもしれないですね。

苦手とする冠詞の代表ですね~

よく英語はイメージとも言われていますが
なかなか身につけにくいですね。


マーク・ピーターセン著の「日本人の英語」
でも一番最初あたりに
a the のことがありました。


読みながらもこんがらがり・・・
書いたり言うとき、フト頭の中でとまりそうになります。


何も考えずに読んだり言って終わるより、
フト「こうじゃないかしら?こういう表現は・・・」
と頭で整理することも大事ですね。


herが使えれば。。。

そうですよね。her、his、theirとかが使える場合は、一番それがよし、と私も思います。
それから、ofで限定する場合もtheになりますよね。the life of the singerとか、the day of the weekとか。

いいdiscussionをありがとうございました。

考えてみました。

すみ子先生、こんにちは。

>she lost the life ・・・・

ドラッグなどで命を落とす・・・と言うことで、ホイットニーのニュースを思い浮かべると

a theのどちらでもなく、

she lost her lifeがでてきました。

a theのどちらかといえば、どっちなのでしょう。一般的なことでいうなら、a?

冠詞などの本もいくつか読んだことがあって、こんがらがり、友人に聞くと、文法的な規則もありますが、頭に浮かぶイメージで、フレクシブルに使っていいのかな?と思えるようなことを言ってくれました。(相手が言わんとしてることを理解できれば、問題ないと。私が日本人だから、そこまでは期待していないということだと思いますが。)

ということで、目をつぶって思い浮かべると

ぴんときたのは、herでした。答えがあるのかもよくわかりません。

冠詞、単数複数、時制、あれ?これでいいのかなぁと思うことはよくあります。友人とのやりとりぐらいでは、間違っててもいいやと、かなりいい加減です。
ちょっと気を使うとき、わからない時には既に使われてる例文を参考にするようにしています。
プロフィール

アメリカのおばちゃま

Author:アメリカのおばちゃま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。