スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学に行くか行かないか

8月3日の私のブログのトッピクである、大学に行くか行かないかというテーマで書いた記事に、友人より、個人的にメールで感想を頂きました。いわく、大学に行きたくても、いけない人がいる、大学を出ていなくても、成功している人はいくらでもいるというご意見でした。

勿論、その通りです。ただ、アメリカでは、オバマ大統領も将来、アメリカを支えていく若者に大学に行って欲しいと常々言っています .また兵役を務め上げると、GI Billと呼ばれる学費が国費からでます。先日、テレビを観ていたら、バスケット ボールのハーフタイムと言われる休憩時間にボールを1回の試みでフープにいれたら、大学4年間の学費が賞金として出るという、ゲームがあり、高校生が見事にボールをシュート、4年間の学費を獲得しました!

私の夫が関連しているコミッティでは、サイエンス界で博士号に挑む優秀な若者達に、卒業するまでの学費、本代、生活費を支給します。そして、学会には出席する、実験には立ち会う、ジャーナルにも論文を書き、卒業後の就職は、引く手あまたとなります。

一方、Suze Orman(スジイ オーマン)という金融関係のアドバイザーは、無理して大学に行くな、大学の資金は高すぎる、自分にあった専門学校に行けと常々アドバイスしています。これは、彼女の主張です。

夫の姪は、グラフィック デザイナーになるのだと、専門学校に行きましたが、不景気な折りに、まず削るのは、広告費。それで、就職が難しかったと聞きます。友人のお嬢さんは、専門学校で機械修理を学び、自動車の修理工となりました。いろいろです。

まるママさんのお嬢さんは製菓学を学ばれながら、英語のスピーチ大会で賞を獲得した 頼もしいお嬢さんだと聞きます。生活していければ、そして、自分が満足していれば、専門学校に行こうが、博士号を取ろうがいいではないですか。人それぞれですよね。今の私に、大切なのは、毎日、自分はいきいきしているかな、わくわくしているかな、 そんなことです。

自分で選択したアメリカでの職業、結婚相手、親が相談相手となった、息子の職業選択などなど、まあまあ満足かなあ。
まっ、いいか!
スポンサーサイト
プロフィール

アメリカのおばちゃま

Author:アメリカのおばちゃま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。