スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文科系か?理数科系か?

私は、文科系の大学を卒業しました。大学時代の
友人がこんなことを口走っているのをふと思い出し
ました。「私は、理数系の人と結婚するの。
でもサ、子どもが生まれたら、情緒面は、私が
補ってあげるの」。バランスの取れた子どもを
育成するということね、この計画性に恐れ入っ
てしまったものです。

理数科系といえば、数学、物理、科学、生物など
でしょう。一方、文科系なら、文学、教育、
社会学、民族学などでしょうか.

経済学などは、コンピュータ、統計などが入ってくる
ので、一概に理数か文科系かと白、黒で
わけられないケースもありますね。

家の近所を見回すと一番多いのは、弁護士です。
弁護士と言えど、ピンからキリまでありますが、
アメリカという国は、「まず、弁護士を通して。。」
という傾向があります。

最近、サイエンティスト育成に力をいれなければ、
という囁きがちらほら聞かれます。

サイエンティストになるには、長年の地道な研究が
強いられます。しかも、博士号を取る人が多いので、
下積み時代が、長くなります。

先日、お友達のまるママさんから、ご質問がありました。
「理数科系の方がよいというのですか?」と。

まあ、お給料はよいのでしょうね。2、3年前の
その筋のデータによりますと、石油業界、航空工学、
化学工学の世界の年収が高いそうです。一方、低いのは
教育、アート、神学などの分野だそうです。

しかし、これは、あくまで、統計です。

5人のお子様をお持ちのまるママさんがお子さんの
進路を決める時には、お子さんの個性を
じっくりと見つめてあげてくださいね。文科系であり、
理数科系であり、自分の好きな道をお子さんに
見いだしてもらうのが、一番だと思います。
しかし、若い時には、その「自分になにが一番
あっているのか」を見つけるのが難しいんですよね。
その道にあったなにかを見つける相談に
乗ってあげるのが、大切なのではないでしょうか。

スポンサーサイト
プロフィール

アメリカのおばちゃま

Author:アメリカのおばちゃま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。