スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

prayとprey

[prayとpreyの違い]
相手先のご家族にご不幸があった時の表現法として、
I pray for you and your family.
(ご家族のためにお祈りいたします)
という意味で書いたとします。

しかし、絶対に[prey]と書かないように
しましょう。
I prey on your family.
(ご家族を獲物として食べてしまいます)
という意味になり、ご不幸があった方に大変失礼に
あたりますよね。

このprayとpreyは発音が同じなのに、
「祈る」と「獲物を捕って食べる」と意味が異なる
同音異語(homonym)です。

ブロードエイの役者として活躍した
フレッド グウイン(Fred Gywnne)は、
生前、同音異義語を集めた絵本を出版しています。
題してA Chocolate Moose for Dinner
(ディナーに招かれた、ムース(鹿)に
チョコレート ムースをご馳走)という題。
鹿 のムースとmousse(冷菓のムース)をかけています。
デザートに招かれた鹿のムースが冷菓のムースを前にして、
テーブルに珍妙に座っている表紙の絵。
ブロードウエイの役者ならではのユーモアにあふれた絵本
です。

このなかにDaddy says lions prey on other animals.
というページがあります。ライオンは他の動物達を餌食にする
という意味なのですが、同音異義語のユーモアを発揮して、
他の動物達の背中にまたがったライオン達がお祈りをしている
イラストがとてもおかしいです。「pray」は祈る、「prey」はえじき
にするという意味の違いを記憶するにはよいイラストです。
Lionなら他の 動物をむしゃむしゃと食べ(prey)、
絶対に 祈り(pray)はしないよとおぼえておいては、
どうかしら。Preyのeは、eatにつなげるのが、
私なりのこじつけ記憶法。
スポンサーサイト
プロフィール

アメリカのおばちゃま

Author:アメリカのおばちゃま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。