スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Walk in the parkというイディオム

裏の家から、こんな文句が寄せられました。

それは、我が家の日本で言えば、さながらシダの木
というのかしら,
その木から落ちる針葉が
裏の家の庭に落ちてくる、自分は喘息持ちだから、
耐えられない、木を切ってくれと。

そう、簡単に切れと言ったって、プライバシーのために
植えて、30年。夏は日陰を作ってくれるし、我が家の
財産ともいうべき木だよ。

木の上を切ったら、木は枯れるんですって。
「裏の人って、難しい人ねえ。どうしようか」
と夫に言ったら、
1)まず、1年に1度、
工業用のホースで専門の人に
裏の家に行ってもらい、そちら側から、家の木に
ついているクモの巣とか、枯れた針葉をすっかり
きれいに洗い落としてもらおう。($250.00)

2)秋になったら木のてっぺんは切らずに、
枝のそこここを切って、形をととのえよう。
($1500.00)

3)それから、必要とあらば、私が時々手伝って
もらっている日本人のおじさんに裏の家の
庭を掃除してもらおうということ。この費用、
まあ、10月までとして($500.00).

この3つの案を持って、夫が話し合いに行きました。

帰ってきて、夫が言うではありませんか。
Walk like in the park
ですって。

「Walk in the parkってなによ?」

“Have you never heard this expression?
Walking in the park is very pleasant,
so, when we want to say, 'easy', we
use 'walk in the park'.
(walk in the park)という表現を聞いたこと
ない?公園を散歩するということは、
気持ちのよいことだということから、やさしいこと、
たやすいことだという表現に使われる
ようになったのさ、ですって。

とにかく、裏のシダの木の一騒動は
今年はこうして,片付いたけど、
また,来年、持ち上がるかな?

これが、walk in the parkだと言える?
かなり無駄な出資をしているじゃない。

庭の掃除のおじさんに1週間に1度の
お掃除代を払う、おじさんは、ガソリン代も
欲しいという。それに、工業用のホースで
洗う人を雇い、かてて、加えて、
秋になったら、また木の枯れたところなどを
切る、一体いつになったら、庭にかかる
費用はとどまるのかしら。切っちゃおうか。
いやだめ、切りたくないと夫。

ちっとも,walk in the park じゃないよ。
もう、引っ越ししたい。

ところで、我が家の問題の木はcypressという
日本の杉とかひのき、シダのような木に
該当します。

確かに針葉が落ちるけど、近所との
プライバシーを守ってくれる大切な
木です。

でも、近所付き合いって、大変よね。
ぐんぐんと伸びてくれる竹でも
植えようかなと私は頭を痛めています。

スポンサーサイト
プロフィール

アメリカのおばちゃま

Author:アメリカのおばちゃま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。