スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌のリズムでハンプティ バンプティ

ジョンアンのクラスで、今日の私の試みは、Humpty Dumpty
(ハンプティ ダンプティ)です。

You Tubeでハンプティ ダンプティをメロディにのせて
歌っていましたので、「Humpty Dumptyにも歌があるのね、
子ども達と歌ってみよう」。まず、子ども達に見せて一緒に
歌ってみました。


http://www.youtube.com/watch?v=UUrQmfyGgbA

決して、やさしい歌ではありませんでした。

でも、です。なぜ歌ってみたかというと、英語の流れの切れめ
がよく掴めるからです。たとえば、以下のような
句の流れのようなものが、リズムに乗せると
汲み取ってもらいやすいのです。

Humpty Dmupty (ここで切る) 
sat on a wall. (ここをまとめて早く歌う)
Humpty Dumpu(切って)  
had a great fall. (ここを早くいっしょに)

歌のリズムに乗せると、sat on a wallに
a を飛ばせて歌うとなんとなく調子が
合ない、どうしてかな?「a」を抜かしている
からだ、などという英語を第2外国語として
いる者には、リズムから英語を
モノにしていくという大得点があるのです。

歌った後は、Humpty Dumptyまでを
膝をたたきながら調子を取ります。

sat on a wallでは、膝を早めにたたいて
リズム取り。

そのあと、プリントした歌詞からライミング
のwallとfallにアンダーラインを引いて、
横にwallとfallと手書きで単語の練習も
してもらいました。

そのあとは、Humpty Dumptyの塗り絵に
色をつけ、名前を書いてもらい、時間が
あまったので、Brown Bear, Brown Bear
What Do You See?を皆で声高々に
読み上げました。

「またくるからね〜」と手をふりふり
しばしの別れをつげて、今日の
レッスンは終わり。
スポンサーサイト
プロフィール

アメリカのおばちゃま

Author:アメリカのおばちゃま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。