スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語ができてもバカはバカ?

日本人の9割に英語はいらない [単行本]、成毛眞 (著) という題名の本をアマゾンで見ました。しかも,そのサブ タイトルがふるっています。「英語ができてもバカはバカ」なんですって!

私は、まだこの本を読んでいません。タイトルは、出版社がつけたのかもしれませんが、著者は、okをだしたのでしょうね。

こういうことを言う人がいるから、日本は中国、韓国に経済面で差をつけられてしまうのでしょう。

ひとつのことにじっくりとかかわり合うというのはよいことではないでしょうか。アメリカでは、水道屋さん、自動車のメカニックの方達のこつこつ型の仕事の方がいなくて困っています。「それは、英語が出来るできないに関係ないよ」とおっしゃらないこと。ま聞いてください。

自分の仕事にコツコツかかわるながら、英語はどのように読んだらよいか、そして話す時のリズム、書く時には書きたいことを列挙してから接続詞でうまくつなげてみようなど、コツコツと勉強していくのが悪い?

英語の読み書きが出来れば、それは1つの仕事にはなるでしょう。でも、国としては、やはり生産国、物を作る国でなければいけないとは思います。Developed countryとしての日本、アメリカ,ヨーロッパ諸国は、「自分にはお金があるから、安くできたものを買おう」という態度で消費国ではあっても、生産国ではありません。それを言いたいのかな?

読んでから批評すべきですが、「英語ができてもバカはバカ」とはっきりタイトルでおっしゃるのは、失礼、無礼というより,傲慢です。

ひとつのことに取り組むということは、しっかりと腰を落ち着けて、リーサーチをする、研究する、学ぶことです。それをバカ呼ばわりにするのはどうでしょうかねえ。売るためのタイトルとは言え、ガッカリ!

そのうち、「水道の修理しかできないのはバカのバカ」、「自動車の修理しか出来ないのはバカのバカ」という本もでるでしょうか。

それとも、英語は話せるがいやな奴のことを言っているのかしら?来週、日本に行くから、この本買ってみようかな。買うのもしゃくだから、どなたか持っていらしたら、貸していただける?
スポンサーサイト
プロフィール

アメリカのおばちゃま

Author:アメリカのおばちゃま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。