スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6)2回目のリーディング

アイオワの田舎から帰ってきました。2、3日したら、今度はボストンに行きます。それで、ちょっと。。。

第1回目のリーディングは、先生がガイド役、読めない単語は、「切ってごらん」、「初めの音を出してごらんなさい」、「待って。それで、意味が通じる?」という具合に自分で読むように持っていきます。考えさせるのです。

第2回目のリーディングは?
どんどん生徒に参加させます。生徒に声を高らかに出させます。
そのためには何が一番効果的でしょうか。

ここでは、choral reading(コーラル リーディング)、群小読み。
コーラスのように皆でいっせいによみます。

shared reading (シェアード リーディング)、繰り返しの単語、キーワードの部分を生徒に読ませます。

音になれさせるという意味で、なるべく声をだして読ませます。

しかし,です。ただ、読めばよいというのではありません。 
先生は,時々、who, what, where, howなどの質問をすると、単に大声で読むのではなく、「なるほどね」と考えながら読むようになります。

以前、いとりんさんが手袋にwho, whereなどと書いて実践してくれました。
ガイディッドリーディングの秘密兵器october 09
あれは、どの程度浸透しているでしょうか。効果的であったか、続いているとかいないとか、ご報告いただけますか~。善し悪しにかかわらず。皆で検討してみたいです。



sumiko

************************
(まるママのつぶやき)

1回目は、文字を読むことをヘルプする。おもにガイド役が読み進めながら、大事な単語は子どもたちが読むようにもっていく。
      


2回目は、クラスにいる子どもたち全員で同じスピードで読んでいく。内容を考えながら読むように促す。

そんな感じでしょうか?

???

うーん


ちょっと違うかな?
これは詳しく聞いてみなくては、、。

ピクチャーウォークは得意で大いに活用している我が家、、でも、
そのあとはいつもテキト―です。読みながら問いかけるというのはあまりしてないかも。

みなさんはどんな感じで読みの指導を進めていますか?
     




スポンサーサイト
プロフィール

アメリカのおばちゃま

Author:アメリカのおばちゃま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。