スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コロン(:)がうまく使えたらいいですね!

今日の私達ステキな「奥様英語勉強会」では、ローカル紙に出ていたscam(詐欺)についての記事を取り上げました。

記事のヘッドラインは、
Springtime scam uses iTunes gift card to bilk you out of money
—この春の詐欺は、 iTunesのギフト カードを使って、あなたをペテンにかけ、すっからかんにさせてしまいます(要注意)ー

この記事で,まず、私達の注意を引いたのは、コロン(:)の使い方。
記事の文は以下のようでした。
A new springtime scamming trend: Asking people to pay supposedly owed taxes or fees on an iTunes gift card.

そこで、奥様達は、頭をひねりました。コロンは、ピリオドで置き換えられると言われていますが、コロンを使うのは、

such as
for example


で置き換えられるかをまず、チェックするということです。

この文も、置き換えられるのでいいかな。でも、私達が使いこなすには、面倒な気もします。ピリオドで区切って書けば,問題はないのですから。

また、今日の単語には、
scam だます(動詞),詐欺(名詞)
bilk ペテンにかける,だまし取る(動詞)
fraud 詐欺(名詞)


などの物騒な単語がいろいろ登場しました。ついでに、swindle(だまして金をまきあげる)も、よく使われるので、このおっかない単語のリストに加えておこうという提案。

ちょっと注意をはらったのは、
 compromiseという単語です。普通は妥協するという意味なのにここでは,(不正に)アクセスするという意味で使われていました。
… that might have been compromised help you change your passwords or PINs. (...もし,不正アクセスがされた場合には、パスワードやピンナンバーを変更すること。。。。)
という調子。 妥協と不正アクセスが同じ意味なんて不思議ねえとステキ奥様達は語りあったものです。




スポンサーサイト

fraud(詐欺師)とfrog(カエル)

Donald Trump(ドナルド トランプ)が経営していた大学なるものがfraud(詐欺)だと報道されていたので、そのことを夫に伝えようと思ったのですが、私のfraudという発音がどうもよくないらしいのです。夫は「ナニ?」という顔をしています。

というのは、私がfraudをfroatと言ってしまったらしいのです。つづりが浮かんできません。Fraughtだったかな、などと言うものですから、ますます「?」という顔。最終的には、どうにか通じたので、発音をチェック。

                 
fraudは、。。。。
frˈɔːd(米国英語) と発音
       不正手段、詐欺行為

かなり大きく口を開けて、フロード、ローで口を大きく開け、出来た!大きな口を開けてで「風呂!」と叫んで「だ」をつけるとか。夫が妻に「風呂!(の用意をせよ)」と大声をだす時に,当然口を大きく開けるとおぼえては、どうでしょうか。最後に「d」をつけるとか。ニセ風呂だ、とか。

2、3年前ですが、こんなTVの宣伝を観たことがあります。

ペットのカエルを抱いている男が保険会社に電話しています。
“Do you have frog insurance?” –カエルの保険はありますか?

保険会社のセールスマンが電話で答えます。
“Oh, yes, we have fraud insurance.” —ええ、詐欺保険はありますよ。

Frog insurance?” –カエル保険ですね?
“Yes ,fraud insurance.” ええ、詐欺保険です。

日本人は、あまり口を大きく開けないで発音するので、frogfraudは、全く違うじゃないかと思うかも知れませんが、[r]を発音した後に、口をかなりおおきくあけてローと言うので、そこがオチとなって、このようなコマーシャルができたのでしょう。

"Frog?"
"Fraud!"

アメリカでこんなユーモラスなコマーシャルがあるくらいだから、私がfraudでつまづくのも当然ね、とまた自分を甘やかせる私。

こんな単語がポンポン使えたら、クール!

こんな単語を、生活のなかでどんどん、使えたらクールだなあ、と思う単語をメモしてみました。整理すると自分自身の頭もすっきり〜。職場で、日常会話のなかでどんどん、使える単語たちです。

社会問題の単語
transgender

生まれながらの性別と心が一致しない、性同一障害。 オリンピックの金メダル獲得者、ブルース ジェナーの性転換、学校で、トランス ジェンダーのトイレをどうするかなどが話題を呼んでいます。transは、〜を超える、genderは性別という2つの言葉からなる合成語です。

(例文)
Transgender students in America can dress in accordance with their gender identity. The problem sometimes occurred that they could use restrooms to match their preferred identity.
(米国では、性同一障害の生徒達は、自分が認める性に従った服装を認められています。時々、その性同一生のトイレを使用できることで、問題が起きました。)
つまり、ドレスを着た男子生徒が女性トイレを使うと。。。どんな問題が起きるかを問いかけています。


スポーツ単語
blitz
電撃攻撃をする。アメフトでは、守備側がタックルをする奇襲攻撃を意味します. 日常会話などでも、猛攻戦などという表現 でよく使われます。

しかし、もとをただせば、第2時世界大戦の折り、ドイツのナチ軍がイギリスに奇襲をかけたことに端を発しています。「そんな単語使いたくないわ」というアメリカ人の友人あり。でも、ニュースのコメンテイターだって「奇襲攻撃」という意味で使ってるんだからね。

(例文)
He is the best player in the blitz play in American football.
(アメフトの奇襲攻撃では、彼は最高のプレイヤーだ)

ビジネス単語
collateral
アーノルド シュワルツェネガー主演の映画”Collateral Damage”を思い浮かべる方も多いでしょう。巻き添え被害という意味ですが、ビジネスでは、担保物件という意味で使われます。
(例文)
When I lend money to my friends, I would ask for some kind of collateral to secure my loan.
(私が友人にお金を貸す時には、安全のために何らかの担保物件を取る事にしています)

美容単語
blotch
(顔の)シミ
口語的にはbrown spot、black spot, aging spotで通りますが、blotchの方が正式です。
(例文)
I really need to get rid of the blotch on my face.
(顔のこのシミをどうしても取ってしまいたいわ)

おぼえていたい、でもつい忘れてしまう、そんな厄介な単語を分野別に集めてみました


ファッション分野
entice, enticement – 誘惑する、誘惑
私は、この単語の意味を忘れがちなのですが、TVのブラジャーの宣伝でenticeと,魅惑的な演出で表現されていたので、「これこれ、こんな感じでこの単語をおぼえられるわ」と思ったものです。
(例文)
You will entice your man by this bra.
(このブラジャーで彼を魅惑する)
私が観たTV広告はこんなことを言いたいのでしょうね。

または、
China has been enticing foreign investments.
中国は外国投資を是正している。

ビジネス面では、こんな感じで使われることもあります。


社会面
flashingにもいろいろな意味があります


1)こんなヘッドラインを新聞で見ました。瞬間、「あれっ、なんのことかな」と思いました。
(例文)
Arrest made in flashing case at park (公園で性器をちらつかせていたケースで逮捕)—この場合のflashingは性器をちらつけていたという意味です。

その他のflashingの意味
2)honking, flashing lights なら、(警笛を鳴らし、ライトをちらちら閃光させる)
3) flashing knife は、(ナイフをちらつかせる)
4)ニュース速報(flashing)が帯状に走っていく。。。これもflashingです。

いろいろな意味を持つflashingですね。

スポーツ
tenacity
粘り強さ
(例文)
His tenacity leads his team for victory.
(彼の粘りつよさがチームを 勝利に導いた)


美容
serum
セラムというよりシ-ラムに近い発音です。血清という意味ですが、細胞培養の際に血清の役割から発展して、美容の単語としては、「肌を若々しく保つ」ということで、アンチエイジングのクリームの効果をうたっています。

(例文)
You should apply this cream day and night since it contains serum to repair your aging skin.
(あなたは、昼間と夜、このクリームをつけるとよいですよ。老化現象を起こしているお肌を若々しくよみがえらせます)

つい、つられて買ってしまいそうですね〜。

カトリック用語
私の州は、メキシコに面しているので、カトリック信者が多く、カトリックに関する単語がちょいちょい会話にでてきます。イースターですから、まあ、知っていると便利かなと思いリスト アップしてみました。


(例文)
Her husband works as a deacon at the church during weekend.
(彼女の主人は, 週末は、助祭として教会で働いています)


bishop 司教
archbishop 大司教
diocese 教区
deacon 助祭(司祭の補佐)
archdeacon 助際長
cardinal ローマ‐カトリック教会の枢機卿 (すうききょう)


Happy Easter!

Wedlock,gridlock, padlock, とlockで韻を踏む単語と最近認識をあらたにした単語にチャレンジ


韻を踏んでいる単語は、マザーグースのみとは、限りません。wedlock,gridlock, padlockと最後に韻を踏んでいるよく使われる3つの単語を選んで、改めて見つめ直してみることにしました。さっそく、どんどん使ってみよう!

wedlock
結婚している状態、婚姻。

child born in wedlockなら、嫡出の子という意味。
out of wedlockというと未婚の,非嫡出子という意味。

Born inとout ofでは、もちろん、意味が違ってきますね。
(例文)
I was born in wedlock なら、(私は嫡出子である)
I was born out of wedlockだと(私は、非嫡出子である)となります。


gridlock
Gridは格子という意味。そこから格子縞のように整備された道がlockされた、つまり、鍵をかけたように動かないという意味からgridlockは、交通網が渋滞となっている状態をさします。
さらに、経済、政治などが「行き詰まった」という表現によく使われます。TVニュース を見ていると「行き詰まった」議会、株の世界が「行き詰まった」と表現する時に、gridlock congress, gridlock in stock market という表現が使われています。

(例文)
More republicans in The Senate mean that there are many gridlocks between the President and Congress.
(上院に共和党員が多いということは、「民主党の」大統領と議会との間に行き詰まりが多い事を意味します)


Padlock
南京錠の鍵をかける。
(例文)
I forgot the combination numbers of my padlock on the gate.
(私は、門の南京錠の鍵をかけるのを忘れてしまいました)


undermine
弱体化させる、台無しにするから見くびるという意味にも使われます。undermined 過去形
(例文)
Don’t undermine his ability as a manager.
(彼の管理者としの能力を見くびってはいけません)

hedge fund
ヘッジ ファンドとは、様々な手法を用いて、富裕族から集めた資金をさまざまな手法で利益第一を目的とすることから、リスクの多い投資手法と解釈されていることがまま多いようです。
(例文)
Two hedge fund board members decided to add their favorite members in the auto industry. (二人のヘッジファンドの投資家達は、お気に入りの仲間達を役員に加えようと決めました)

さあ、これらの単語をどんどん使ってみるかな。
プロフィール

アメリカのおばちゃま

Author:アメリカのおばちゃま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。