スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューヨークへの旅

今回のニューヨークへの旅は、11月第4週の木曜日と
定められているサンクスギビング(感謝祭)をNYに住む
息子と過ごすためでした。

サンクスギビングは、宗教というより「友情」を主張する
祭日だとアメリカ人の友人は言うのですが、どうでしょうか。
イギリスから、新しい宗教の土地を求めてやってきたん
じゃない、いくらネイティブ アメリカンとの友情の日だと
言ったって、宗教が底辺にあるのよね、と思うのです。

私達夫婦は、サンクスギビングの前日にNYに到着したのですが、
息子は祝日に飛行の仕事があるとか。息子のアパートは
マンハッタンにあり、スタジオ スタイルの1室のみ。私達は
大きいソファ ベッドに寝るはずでした。睡眠をたっぷり
取らねばならない息子の仕事、しかし、お父さんのいびきは
雷のよう。仕事のじゃまになる、じゃあ、第一日目は
ホテルにしようと相成りました。

ところが、です。ニューアーク飛行場から、マンハッタン行きのバスが
ちっとも来ません。電車でなく、あえてバスにしたのは、バスの
方がホテルに近いという理由からです。

40分程、バスを待っていたら、自家営業のバンがやってきました。
運転手いわく、「NY市内で、デモがあった、そのうえ、大きな自動車
事故が起き、市バスはこないよ。一人20ドルでマンハッタンまで
乗せていってやるよ」とのこと。「なんのデモ?」、「ファーガソンで
黒人の高校生を撃った白人の警察官が不起訴になったからさ」。

私達は、1日中飛行機を乗り継いだりで、iPadのUSATodayで
警官が不起訴になり、ファーガソンで暴動が起きるかもしれない
ということは知っていましたが、ミゾリ州、ファーガソンの余波がNY
まで飛び散ってきている事には、露知らず、でした。大きな人種
問題です。

まあ、とにかく、9人が身を寄せてバンに乗り込み、マンハッタンへ。
スイスからの若いカップルの乗客が話しはじめました。「アメリカの
大学の教育費はどうして、ばか高いんだ?スイスなんか年間
1000ドルだよ」、まあ10万円くらいでしょう。安いわよね、確かに。
すると娘を大学に通わせている43才だという若いお父さんは、
自分は、娘の学費に年間2万ドル(まあ、約2百万円)払っている
とか言っていました。奨学金を取るようにいろいろ工面している
ようでした。私立の学校のようです。

私達が予約を取ったホテルは1日のみということで、ちょっと豪華な
ウオルドフ アストリアというホテルです。最近中国の保険集団に
ヒルトンが売ったといういわくつきのホテル。皆、「国連の近く
だし、壁に耳あり、気をつけて」と豪華さより、ハッカーなどを
危惧する、世は、そんなトレンドです。

ウエールズからの女性は、チョコレートは、スイスが一番、ミルクが
違うのよ、ミルクがと力説。大学の学費、ハッカー、チョコレートの
ミルクの質と、ワイワイガヤガヤでやっとマンハッタンに着いたのは、
真夜中近く。初めから、珍道中のやれやれのNYへの旅でした。
スポンサーサイト

「思い」はつながる

すみ子先生に、先月の来日の際、とても素敵な出会いがあったようです。
それは、
素敵な出会い


あの外山節子先生。
すみ子先生が今連載をされている出版社の方が間を取り持ってくださったとのこと。

この日初めて会ったとは思えないほど話がはずんだと、聞いていました。


外山先生のブログでもその時の様子を記事にされていたのでご紹介します。
**********************

=同志=

昨日は津田塾大学オープンスクールの講座を終えてから、東京駅近くの和食やさんでリーパーすみ子先生と夕食をご一緒した。リーパー先生の「アメリカの小学校ではこうやって英語を教えている」は、子どもに英語を教えている人には必読 a must readである。
リーパー先生の「ライブラリアン奮闘記」に、絵本を使って英語を教える授業で、多重知能理論を活用していらっしゃることを知り、是非お会いしたいと思っていた。
実際にお会いして、意気投合してしまった。食事の間に、AirMacを開いて、私がどのようなワークショップをしているか見て頂いた。

絵本活用&多重知能理論の応用、この2つを実践している先輩に会って、ほんとうに幸せな夜だった。

「アメリカの小学校ではこうやって英語を教えている」
http://buzz.goo.ne.jp/item/cid/9/pcid/23634078/tab_flag/
******************************

(まるママのプチ解説)

多重知能理論というのは、「えほんで楽しむ英語の世界」のP106で少し触れている、ハワード・ガードナーのmultiple intelligences(総合知能)教育論のことです。


WEB上でのマルティプルインテリジェンスの解説の一つ(英文)


外山先生が多重知能についても触れている小学校英語に関する
英語教育インタビュー

なども参考になります。

***************

MI(多重知能理論)のことがわかれば、それぞれにあった効果的な学習スタイルがわかってくるようです。

外山先生とすみ子先生のコンビで何かを始めてくださるような予感も。
楽しみですね。

アイオワとボストンでの休暇

先日、夫が卒業した大学の同窓会に行ってきましたのでその報告を少し。ボストンにあるMIT(マサチュセッツ 工科大学と日本では訳しているようです)ーMITとハーバード大学は、共同で授業を受けることも多く、卒業後はハーバードのロースクール(弁護士になるための学校)を卒業した人、医者、エンジニアとして成功している者が多く、この不景気でも40億ドルくらいの寄付が学校に集まり、それらは皆学生の奨学資金となります。

ボストンは、ハーバード、MITをはじめ、大学の「みやこ」と言われる程、名門の大学が目白押しにあります。つたのからまる校舎が多いことから、アイビーリーグ スクールなどという名前もここから生まれました。

イギリスから逃げてきたプロテスタント達が到着した開拓の地です。ですから、アメリカの歴史がそここに見られます。アメリカの土地を知らないイギリス兵達にどのように挑んで勝利をおさめたか、その土地を知らないイギリス兵士達の弱点がいろいろ強調されている話が沢山あるのに、イラク、アフガニスタンと知らない土地に出かけて行き戦争をしている、歴史をもう1度勉強してと言いたくなります。

ところで、最近、テイー パーテイという保守派についての単語をよく耳にするでしょう。これも、イギリスから輸入していた紅茶にイギリス王が、アメリカに多額の税金をかけて、アメリカが怒った、その旧制的な政治のやり方に反発、セラ ペイリンがスター的なリーダーシップを取っているグループの名前の由来はここから発生しています。

ボストン ポップスにも行ってきましたが,これはMITが同窓会の時には貸し切りにします。その劇場、演奏をする場所が実にイギリス的というか、キンキンキラキラです。アメリカが長いあいだ、イギリスの植民地であったことを、ここでも深く感じさせられます。

ボストンの前に行ってきたアイオワの田舎も楽しかったですよ。アイオワの子ども達というのは、田舎、田舎とばかにするなというくらい全国試験のテストでは良い成績をおさめます。アイオワ大学が全国テスト作成に関係はしていますが、中西部は、働き者、教会に行く、親の畑の仕事を手伝うなどの今は少なくなった伝統的な家庭生活があるからでしょうか。どうかな。

***************************
(まるママのつぶやき)

>その劇場、演奏をする場所が実にイギリス的というか、キンキンキラキラです。

え?それってイギリス的なんですか?ちょっとびっくりです。

日本にいると、イギリスが緑豊かで田舎っぽく素朴なイメージ、アメリカがキンキンキラキラ・カラフルなイメージがしませんか?

アイオワのいなかの子どもたちの成績がいいのはなぜ?伝統的な家族生活が残っているから?やっぱり生活が安定していると落ち着いて勉強できるのでしょうね。
いなかのほうが誘惑も少ないのかも。

日本の学力テスト(信憑性についてはいろいろ言われていますが)で上位をとるのも、秋田、富山、福井など。10位辺りまではほとんど地方(田舎)というのと同じ理由かもしれません。
プロフィール

アメリカのおばちゃま

Author:アメリカのおばちゃま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。