スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難しいgun control(ガン コントロール)

アメリカには、Second Amendmentという法律があります。これは、イギリスからの独立戦争、そして、南北戦争以来、市民が自分の身を守るために武器で戦ってきた,だからこそ、武器は必要であるという憲法です。「我が身を守るため」という理由でだれでも武器(銃)を持つことができる、ここが問題です。

今回のフロリダ州オーランド市において、49人もの市民が射殺された事件で使用された銃は、AR15ライフルという速連射可能、かつ長距離でも撃てるというアサルトライフルです。誰でもこうした危険な銃を買えるのでしょうか。銃が買えないのは以下の人達です。

Fugitives from justice  (逃亡犯)
Illegal aliens (不法入国者)
Users of unlawful drugs
(違法薬物使用者)
Mental disease patients
(精神病院患者)
Felons punished by imprisonment more than one year (1年以上の処刑を受けた者)
People convicted crimes of domestic violence (家庭内暴力有罪者)

今回の犯人は、bipolar(躁うつ病)持ちで、しかも、ISISとの関係をFBIに捜査されたことが数回あるそうですが、上記の問題点にはひっかかりませんでした。FBIに捜査されていても、銃を売る店での身元調査に、パスしたのです。抜け道があったという訳です。

ガン コントロールについては、大統領選挙戦で、いつも論議されるのですが、Second Amendmentの憲法の「市民が武器を保有する権利をおかしてはならない」—大多数の人は、ここにこだわってしまいます。

しかも、このような事件が起きればなおの事、自分の身を守るための銃が必要であると主張する人達が多いのです。それに、NRA(National Rifle Association)と呼ばれる強力な全米ライフル協会は、単なる銃愛好家団体ではありません。政治に強い支配力を持っているし、財力もあります。簡単に解決は出来ない、難しい問題を抱えているガン コントロールです。

どこか、平和な国に行きたくなりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
NRA(National Rifle Association)
(全米ライフル協会),銃愛好家団体

Second Amendment (アメリカ合衆国憲法修正第2条)。個人が銃器を保有・所持する権利を保障している憲法修正第2条
スポンサーサイト

コロン(:)がうまく使えたらいいですね!

今日の私達ステキな「奥様英語勉強会」では、ローカル紙に出ていたscam(詐欺)についての記事を取り上げました。

記事のヘッドラインは、
Springtime scam uses iTunes gift card to bilk you out of money
—この春の詐欺は、 iTunesのギフト カードを使って、あなたをペテンにかけ、すっからかんにさせてしまいます(要注意)ー

この記事で,まず、私達の注意を引いたのは、コロン(:)の使い方。
記事の文は以下のようでした。
A new springtime scamming trend: Asking people to pay supposedly owed taxes or fees on an iTunes gift card.

そこで、奥様達は、頭をひねりました。コロンは、ピリオドで置き換えられると言われていますが、コロンを使うのは、

such as
for example


で置き換えられるかをまず、チェックするということです。

この文も、置き換えられるのでいいかな。でも、私達が使いこなすには、面倒な気もします。ピリオドで区切って書けば,問題はないのですから。

また、今日の単語には、
scam だます(動詞),詐欺(名詞)
bilk ペテンにかける,だまし取る(動詞)
fraud 詐欺(名詞)


などの物騒な単語がいろいろ登場しました。ついでに、swindle(だまして金をまきあげる)も、よく使われるので、このおっかない単語のリストに加えておこうという提案。

ちょっと注意をはらったのは、
 compromiseという単語です。普通は妥協するという意味なのにここでは,(不正に)アクセスするという意味で使われていました。
… that might have been compromised help you change your passwords or PINs. (...もし,不正アクセスがされた場合には、パスワードやピンナンバーを変更すること。。。。)
という調子。 妥協と不正アクセスが同じ意味なんて不思議ねえとステキ奥様達は語りあったものです。




fraud(詐欺師)とfrog(カエル)

Donald Trump(ドナルド トランプ)が経営していた大学なるものがfraud(詐欺)だと報道されていたので、そのことを夫に伝えようと思ったのですが、私のfraudという発音がどうもよくないらしいのです。夫は「ナニ?」という顔をしています。

というのは、私がfraudをfroatと言ってしまったらしいのです。つづりが浮かんできません。Fraughtだったかな、などと言うものですから、ますます「?」という顔。最終的には、どうにか通じたので、発音をチェック。

                 
fraudは、。。。。
frˈɔːd(米国英語) と発音
       不正手段、詐欺行為

かなり大きく口を開けて、フロード、ローで口を大きく開け、出来た!大きな口を開けてで「風呂!」と叫んで「だ」をつけるとか。夫が妻に「風呂!(の用意をせよ)」と大声をだす時に,当然口を大きく開けるとおぼえては、どうでしょうか。最後に「d」をつけるとか。ニセ風呂だ、とか。

2、3年前ですが、こんなTVの宣伝を観たことがあります。

ペットのカエルを抱いている男が保険会社に電話しています。
“Do you have frog insurance?” –カエルの保険はありますか?

保険会社のセールスマンが電話で答えます。
“Oh, yes, we have fraud insurance.” —ええ、詐欺保険はありますよ。

Frog insurance?” –カエル保険ですね?
“Yes ,fraud insurance.” ええ、詐欺保険です。

日本人は、あまり口を大きく開けないで発音するので、frogfraudは、全く違うじゃないかと思うかも知れませんが、[r]を発音した後に、口をかなりおおきくあけてローと言うので、そこがオチとなって、このようなコマーシャルができたのでしょう。

"Frog?"
"Fraud!"

アメリカでこんなユーモラスなコマーシャルがあるくらいだから、私がfraudでつまづくのも当然ね、とまた自分を甘やかせる私。

再び、 音から、単語をおぼえて、読み書きに,幼稚園生レポート

私は、主に音の練習のお手伝いをします。音の練習は、幼稚園の場合、これでもか、これでもかと毎日英語の音を聞かせ、音の構成、音をつなげるブレンディング、韻を踏むライミング、それぞれの音のsegment(音の区切り)を理解させるためです。1年生になって、本格的なリーディングにはいった時に、新しい単語をどこで切って読むか、読解チャレンジの役にたちます。

今日のレッスンに使った本は、Learn to read with Fat Cat,  
Sue Graves作

cover

巻末には、atの前にいろいろな子音を持って来て,単語を作って遊ぶ例が紹介されています。(母音+子音+母音)の例です。

back


次に読んだ絵本は、Is Your Mama a Llama? Deborah Guarino作、Steven Kellogg、イラスト。Llamaは、らくだ系の動物です。

;lllama


Bat, swan, kangaroo, cowなどの動物に、”Is your mama, a llama?”とたずねてまわります。そのたびに動物達と、なぞなぞ とライミングがふんだんに使われた会話を交わします。生徒達は、このなぞなぞ式の文に答えるのに忙しく、乗ってくること間違いなしの絵本です。その後、私は、ライミングを使った問題を作成。
Dave Gave
She lives in a cave and behaves. などの文のライミングの単語に線を引いてもらい,最後に私が描いたllamaの絵の横に自分のママ(mama)の絵を描いてもらうことにしました。母の日の頃に使う予定のレッスン プランでしたが、その頃、忙しくなってしまい、最近になって,やっと…

practice

(あれ、llamaのつづりがちがっているな)


幼稚園生は、音,音、音から

英語の音の構成を学ぶ幼稚園生

一つ一つの単語は、ある音と音が一緒になって,ブレンディングして、構成されています。音をつなげたり、離したりして遊びながら,音の親戚 を子どもに学ばせようというのが、phonemic awareness(フォネミック アウェアネス)です。私が読み聞かせ(read aloud)に行く、幼稚園でも、先生は、しょっちゅう音遊びを子ども達に紹介しています。

たとえば、先生は、catを/c/ /a/ /t/と離して、
k ˈ /æ/ t /と発音します。
k ˈ/æ/ t /と生徒達も,即、音をバラバラにして続けます。
「一緒にしてごらんなさい」「cat!」。
「バラバラにして、ごらんなさい」
「k ˈ /æ/ t /!」と何回も練習。

写真は、子音の後に母音を持ってきて、その後に子音がくる、。。。こうして、一つの語を作る練習の例です。

c音

子音+母音+子音の構成を徹底的に!

子音,母音、子音の構成になっていますね。この構成でドンドン単語を増やしていきます。基本的な母音も壁に貼ってあります。


     
     A の発音は æ

     E の発音は ɛ

     I  の発音は ɪ

     O の発音は ɑ

     U の発音は ʌ


そして、今日は、Cに母音を入れて、子音で終わる単語を学ぼう、一つ一つの音を離しながら、cの後にæを入れてみよう、caその後の子音は?tをいれたら?「知ってるでしょう、この単語、誰が知っているかなあ、手をあげて、そうcatね」などと言いながら、音の組み合わせを学んでいきます。

一つの単語を発音するにあたっては、手をたたく、先生によっては、お腹をたたく、膝の上で手をたたき、ビートをとらせながら音の組み合わるなどいろいろ工夫しながら、何回も繰り返して「cならatと組み合わされる、bならedと組み合わされるね」という具合です。切り離す、くっつけてみる、segment(区切り)がどうなっているかを遊びながら、学びます。

後日、行った時には、kと母音、そして子音の組み合わせを学んでいました。

kの音

教室には、音の出し方のこんな絵も貼ってあります。スピーチの先生がくれた絵だとのことです。
スピーチの先生は、幼稚園のクラスには週に一度やってきて、音の出し方、発音を教えます。
いいですね。私も出席したいです。

ロL音

。。。舌をどこにおくか、「L」なら、舌を上の歯茎につけて、ラララと歌うようにとの説明がついています。。。

mの音
「M」なら、口を閉じて,ム,ム,ムという具合です。

その他の単語は、どうおぼえるのでしょうか?理屈なしで、おぼえなければならないsight words(サイトワード)が,各学年ごとにあります。幼稚園では、am, are, be, by ,newなどは、segmentationができない、シラブルで切れない、説明できない、やっかいな単語だ〜,じゃあ、仕方がないから、このままおぼえましょうね、という単語達です。

How many sight words should kindergarteners know?とウエッブ サイトに打つと50語くらいの幼稚園向けsight wordsがでてきますよ。

音を出すことは、読むための,そして書くための準備です

音で聞き、リズムを取って、耳でおぼえたら、単語を書いて,視覚で捕らえて、さあ、文章を少しずつ、読む練習を。こうして,一年生になると分からない単語、読めない単語が出てくると、「sound out」しながら、挑戦。だんだん,読めるようになりますよ。

polar bearという一つの題材に対して、学んでいた時には、polar bearについて、知っている単語をどんどん,ブレインストームしながら並べていっていました。これも、表現法の学びのステップの一つです。このような手順を、テーマごとに踏まえて、繰り返していくと、1年生になった時、自分の文章を,考えながら、書く習慣の基礎が出来ているのです。

polar bear
プロフィール

アメリカのおばちゃま

Author:アメリカのおばちゃま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。